本音で語るザイグルのメリット&デメリット

ザイグルで自宅焼肉

 

ザイグルは、自宅焼肉が大好きな人や、外食を控えている人達から絶大な支持を得ている無煙ロースターです。

 

家で焼肉をしたいのに我慢していませんか?

焼肉をした翌日の油臭さが苦手
集合住宅で換気が悪い
床の油汚れが嫌
片付けが面倒

ホットプレートにはこんな悩みやストレスがつきもの。フライパンで焼いた肉も美味しいですが、食べる頃には冷めていてお店感覚ではなくなりますよね。

 

ザイグルはこんな悩みを解消したい人に向けた調理器です。自宅でのんびりと、目の前で焼いた柔らかい肉を食べたい人に向けて作られています。

 

煙がほとんど出ないので、マンションやアパートなどの集合住宅でも大丈夫。
換気扇を回すか、少し窓を開けておけな匂いはほとんど残りません。換気せずに使っている人も多いようです。

 

いいことばかり書いていますが、ザイグルにはデメリットもあります。このページでは、購入前に知っておきたいザイグルの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。購入を検討しているなら、ぜひ参考にしてください。

 

 

「どのザイグルを選んだらいいか分からない」「すぐ買いたい」という方は、ザイグルおすすめランキングをご覧ください。


ザイグルが自宅焼肉を楽しくする理由は?

ザイグルシリーズラインナップ

 

「焼肉は好きだけど、煙や後始末を考えると楽しめない。」
そんなストレスを減らせれば自宅での焼肉は楽しくなります。まずはザイグルがホットプレートどう違うのか、シリーズ共通の特徴を押さえておきましょう。

 

ザイグル共通の特徴1 煙が驚くほど出ない

 

煙が発生する原因の多くは、食材から出る脂を燃やすからです。
ホットプレートはプレートを直接加熱するため、高温になり脂が燃えやすい状態が続きます。商品によってはヒーターに脂が落ちて大量の煙が出ることもあります。

 

一方、ザイグルはヒーターが上にあるので、プレートが必要以上に熱くなりません。食材は加熱しますが、脂が燃えるほと高温にならず、ヒーターに脂が落ちることもありません。

 

ザイグルBOY2

画像はザイグルBOY2
上部のフードの内側にヒーターがある

 

脂を燃やさない理由はもう一つあります。
ザイグルのプレートには中心に向かって傾斜があり、中央に開いた穴から脂が排出される構造です。脂の量自体を減らせるので煙の発生を抑えることができます。
※食材から出る水蒸気が煙に見えることはあります

 

ホットプレートとザイグルの違い

 

ヒーターを上に配置することで、煙を極端に抑えることができる代わりに、調理時間はホットプレートより少し長くなります。この点についてはデメリットのところでご紹介します。

 

ザイグル共通の特徴2 焼肉臭が気にならない

 

翌日に焼肉臭が残っていない

 

自宅焼肉のストレスといえば、室内に残った焼肉臭。窓を開けて換気しても、窓を閉めたら徐々に復活してくるあの匂い。1日だけならまだしも数日残ることもありますよね。あの復活する匂いの原因も脂が燃えて発生した煙です。

 

脂を含んだ煙は部屋中に広がり、カーテンや壁、ソファーなどに浸み込みます。浸み込んでいるから部屋を換気してもまた匂ってくるのです。

 

ホットプレートで匂いを残さない方法は、部屋に物を置かず、一方通行で常に煙が出ていくように換気しながら焼肉をすること。脂身もなるべく減らします。ただ、これは現実的には難しい話です。

 

それならば、根本的に脂を燃やさないようにするしかありません。そこに目を付けたのがザイグルです。脂が燃えない仕組みは前述のとおり。匂いがほとんど残らないのは脂を含む煙の発生を抑えているからです。

 

食材自体の匂いと多少の煙は出るので換気はした方がいいですが、翌日の焼肉臭にうんざりすることはなくなります。

 

ザイグル共通の特徴3 油が床まで跳ねない

 

床に油がはねない

 

油が跳ねるのは、プレート上の水分が蒸発する時に脂と一緒に弾けるため。直接プレートを加熱するホットプレートでは避けられない運命です。

 

ザイグルは赤外線を使って間接的にプレートを温めるので、ホットプレートほど高温になりません。だから弾ける量が少ないのです。(触ったら火傷するので子どもは注意)
また、プレート上の脂も少ないので床まで跳ねません。本体の周りにに少し跳ねる程度です。

 

ザイグル共通の特徴4 赤外線調理で美味い!

 

ザイグルで焼肉

 

ザイグルは煙・匂い・油ハネが少ないことで注目されていますが、遠赤外線調理ができるのも特徴の1つ。
炭火で焼いた肉や魚が美味しいのは遠赤外線の効果です。ザイグルのヒーターからは遠赤外線が出るので、室内でも炭火焼きのような美味しい焼肉が楽しめます。

 

ザイグルはシリーズ化していますが、どの機種にも上記4つの特徴は共通しています。


購入前に知っておきたい5つのデメリット

いいことばかりを挙げてきましたが、ザイグルにもデメリットがあります。感じたままに5つ挙げてみました。

デメリット

  1. 焼け具合が見えにくい
  2. ジュージュー音が小さい
  3. 本体が大きくコードは短い
  4. 焼けるまでに時間がかかる
  5. 本体周辺が熱くなる

 

1.焼けたかどうか判断しにくい

ザイグルのデメリット

肉の焼け具合が分かりにくいオレンジ色の光

 

ヒーターから出る光がオレンジ色をしているため、肉がどれくらい焼けてたのか分かりにくい。今までの焼肉のイメージでいると焼き過ぎます。ほとんどの人が1回は焼き過ぎを経験しているはずです。

 

 

使っているうちに判断できるようになりますが、慣れるまでは「ヒーターをOFFにして確認する」または「ヒーターの外で焼け具合を見る」ことで判断します。

 

2.焼いている時の「ジュー」という音が小さい

熱々に熱した鉄板に肉をのせた時のジューという焼ける音。あの音だけでも食欲が湧いてきます。
でも残念ながら、ザイグルだとあの音がほとんどしません。煙や匂いを抑えるのと引き換えです。

 

音はしませんが、遠赤外線調理では外側と内側が同時に焼けるので、焼き過ぎを防ぐことはできます。外は香ばしく、中はジューシー。音の代わりは美味しさです。

 

3.本体が大きくコードは短い

本体の大きさとコードの短さで困る人もいます。

 

プレート
(mm)

高さ
(mm)

コード
ザイグルプラス 400 275 3m
ザイグルボーイ2 370(438) 355 1.5m
ザイグル炙輪 343×163 250 1.4m
ザイグルパーティー 357×163 250 1.5m

ザイグルスマート
ザイグルアイ

320 287 1.4m


プラス・スマート・アイの本体サイズはダイヤル分がさらに大きくなります
ザイグルボーイの()は収納時のサイズ
高さはフードが低い位置にある時の寸法

 

ザイグルプラスとザイグルボーイ2は3人以上を対象にした機種です。本体サイズが大きいので、テーブルのサイズも確認しておきましょう。
収納については、スペースが無ければ付属のカバーをかけて出したままにしておいてもいいと思います。

ザイグル炙輪、ザイグルパーティーは小さいのでカバーは付いていません

 

ザイグルプラス以外のコードの長さは1.5m。テーブルの近くにコンセントがなければ延長コードが必要です。
ザイグルは定格出力が1100〜1200Wなので、1500Wの延長コードを用意し、他の家電製品と別で使うようにしましょう。
※ザイグルパーティーは870W

 

4.焼けるまでに時間がかかる

火力が強いホットプレートと比べた時、ザイグル最大のデメリットになるのは焼き時間です。
さすがに1.5倍とかそこまで長くはないですが、調理時間は今までの感覚と少し異なります。なるべく早く調理するための対処法があるので、試してみてください。

対処法

  • 予熱する
  • 早く焼きたい食材を中央に置く
  • 高さ調節をする

    ※ザイグルボーイ2はアダプターを使用

  • 上下Wヒーターにする

    ※ザイグル炙輪とザイグルパーティー限定機能

コンパクトタイプでいいなら、ザイグル炙輪は調理スピードが早いです。ただし、他のザイグルより少し煙が出やすくなります。

 

また、ザイグルは食材の外側を焦がす前に中をしっかり加熱できる(赤外線効果)ので、ステーキのような厚みのある食材はホットプレートよりザイグルの方が早く焼けます。

 

5.本体周辺が熱くなる

使用中は本体周辺が熱くなります。火傷するような熱さではないですが、冷えたビールやジュースは温くなるので離しておかなければいけません。温まる範囲は本体の周囲15〜20cmほどです。

1度使うとハマる!ザイグルのメリット

ザイグルで焼肉中

ザイグルのメリット

  1. 煙・匂い残り・油ハネのストレスを減らす
  2. 準備と後処理のストレスが減る
  3. 肉や魚の旨さアップ
  4. 油がいらないヘルシー調理
  5. 裏返し不要の両面焼き
  6. 幅広い調理に利用可能

 

煙・匂い残り・油ハネがダントツに少ない

ザイグル共通の特徴で紹介したとおり、ザイグルはホットプレートと比べてダントツに煙が少ない無煙ロースターです。新築や引っ越しのタイミングで購入する人も増えています。

 

煙が少ないから部屋を汚さなくて済むし、軽く換気するだけで部屋の匂い残りも防げます。脂を燃やさない仕組みのおかげで、床まで油が跳ねない。だから床掃除からも開放されます。

 

準備と後始末のストレスを減らす

煙が少ないと準備と後始末の手間も省けます。

  • 煙探知機の心配
  • ご近所さんに迷惑をかけない
  • 風の通り道を考えなくていい
  • 匂いがつきやすい物の撤去
  • 床の新聞紙対策や掃除
  • 消臭スプレー

煙とは別ですが、プレートの表面はフッ素加工されていて洗い物も楽にできます。

 

遠赤調理で肉や魚が美味い!

こちらもザイグル共通の特徴でご紹介したとおりです。

 

通常の加熱では、内側が焼けるまでの間に外側が焼け過ぎてしまいます。遠赤調理は外側と内側を同時に加熱するので、ちょうどいい具合に焼くことができます。(最初は慣れが必要)
肉はジューシー、魚は外カリ中フワです。

 

油がいらないからヘルシー

ザイグルのプレートはフッ素加工されているので、油をひかなくても大丈夫。さらに、食材から出た脂はプレートから油受け皿に落ちていくので、脂の摂り過ぎも防げます。

 

不思議!裏返さなくても焼ける

ホットプレートだと食材が焼けるのはプレートに接している下側だけです。上側は焼けないので裏返さないといけません。

 

ザイグルは食材全体を同時に加熱することができます。

  • 食材の上側はヒーターが直接加熱
  • 食材の下側はプレートが加熱
  • 食材の中は赤外線が加熱

上・下・中を同時焼きです。
だから、食材を何度も裏返さなくても焼けています。ただ、厚みがある食材は返した方が早いです。

 

いろいろな調理ができる

焼肉以外でもザイグルが活躍できる場面はたくさんあります。
炙りチキン、焼き鳥、ノンフライ唐揚げ、ハンバーグ、焼き魚、焼きおにぎり・・・
焼いもやサンマ等の旬の食材を楽しむ方も多いです。

 

さらに、温め直しでもザイグルが活躍します。

 

例えば、スーパーで買ってきた天ぷら。電子レンジで温め直すと衣がフニャフニャになりますが、ザイグルだとサクッとします。
某有名店の美味しいフライドチキンは、温め直すと油でベットリしますが、ザイグルだとベットリしません。

 

焼くだけではなく、お惣菜の復活などにも使っていきましょう。夜ご飯を手抜きしたい時にも便利ですよ。


ザイグルのメリットとデメリットまとめ

焼肉

 

最近ではザイグルも自宅用焼肉プレートのメジャー商品になり、人気が衰えることはありません。
新築の家で使う人もいますし、マンションでも焼肉が出来るようになったと大喜びしている人もいます。

 

自宅焼肉をずっと我慢してきたご家庭には『神機』です。
もちろんデメリットもあるので、このページで紹介したデメリットもチェックしながら検討してくださいね。

 

タイプ別で選ぶ!ザイグルおすすめランキングはこちら 》